top of page

市販枕とオーダーメイド枕の違い




私たちが実際にお客様からもよくご質問いただくのですが、市販の枕とオーダー枕は何が違うのでしょうか?
今回はその違いについて、特に4つのポイントをご説明させていただければと思います。

1.高さを細かくフィッティングすることができる



最近は市販の枕でも、仰向けや横向きの高さを別々に設定できるようになってきましたが、数ミリ単位で調整できるのがオーダーメイド枕の特徴です。最適な枕の高さは人それぞれで、お客様毎に様々なお悩みを抱えています。専門知識を持ったスタッフが貴方に最適な枕をご提案できます。



2.高さを極限まで薄くすることができる



市販の枕でも高さ調節シートなどで調整はできますが、ピロースタンドの枕は極限まで薄くすることができます。(ただしレギュラー枕・プレミアム枕に限る)

ストレートネックでお悩みの方は、男女問わず仰向けに関しては低く作らないとお辛くなる方がほとんどです。

ピロースタンドでは「ほぼ枕の高さを出さなくていい人」「今まで枕を使ったことのない方」でも対応することができる高さの枕を作成することが可能です。

他のメーカーが提供しているオーダーメイド枕では、機能性や寝心地をアップさせるためにどうしても厚みが出てしまいます。

添える程度でいい枕をお探しの方でも、ぜひ当店まで足を運んでいただければと思います。



3.購入した後でも高さの調節を客観的にメンテナンスすることができる




多くのオーダーメイド枕は、購入したらしっぱなしでアフターケアが充実していません。

詰める素材を購入して詰めるのもお客様任せのメーカーもあるくらいです。

ピロースタンドでは高さの無料調節期間が、最短でも1年、最長無期限で補償されています。

体重が3キロ変わると枕の仰向けの高さが1cm変わると言われており、体格の変化に応じてメンテナンスが可能です。

さらに第三者目線でスタッフが調整することによって、理想的な寝姿勢へ近づけることができます。



4.パーツの交換ができるので、実質半永久的に枕のメンテナンスが可能である


買い切りタイプの枕では、へたってきた場合捨てなければなりませんが、ピロースタンドの枕では、枕の入れ物である側地、詰め物も有償ではありますが交換や変更することもできます。


いかがでしたか?

まだまだ魅力の多いオーダーメイド枕ではありますが、睡眠にお困りの方ほどおすすめの商品です。

睡眠の質を改善したい、悩みを軽減したい場合はぜひピロースタンド渋谷青山通り店、飯田橋店にご来店ください。


 








Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page